王朝軍団カラー

 『史記』秦始皇本紀に「衣服旄旌節旗皆上黑」というように、秦の始皇帝の頃の秦軍のカラーは黒であった。彩色兵馬俑を見ると、実際にはもう少しカラフルな装備であったようにも思われるが、軍団装備の制式化が進んでいたことは疑いあるまい。

 『史記』高祖本紀に「旗幟皆赤」といい、『漢書韓信伝に「立漢赤幟二千」というように漢の旗幟は赤であった。

 『晋書』劉曜載記に「旗幟尚玄」とあり、石勒載記下に「旗幟尚玄」とあり、慕容儁載記に「旗幟尚黑」とあるから、前趙後趙前燕の旗幟は黒であったと思われる。

 『魏書』釈老志に「旗幟盡青,以從道家之色也。自後諸帝,每即位皆如之」というように北魏の旗幟は太武帝以降には青を用いた。

 『北斉書』綦母懐文伝に「是時官軍旗幟盡赤,西軍盡黑」というように東魏の旗幟は赤であり、西魏の旗幟は黒であった。同伝に「高祖遂改為赭黃,所謂河陽幡者」というように、東魏の高歓は綦母懐文の助言を受けて旗の色を赭黄(あかぎ)に改めている。

 『旧唐書』職官志二に「旗幟尚赤」というから、唐の旗幟は赤であった。『旧唐書』則天皇后紀の嗣聖元年の条に「九月,大赦天下,改元為光宅。旗幟改從金色」というから、武則天によって金色に改められたようである。ところが同年同月についての記事であるはずの『新唐書』則天皇后紀の光宅元年の条に「九月甲寅,大赦改元。旗幟尚白」といっているから分からない。天授二年の条には「旗幟尚赤」と戻されているようだ。

宇文氏同州考

 『周書』孝閔帝紀に「大統八年,生於同州官舍」とある。宇文泰の三男の孝閔帝は西暦542年に「同州の官舎」で生まれた。同書の武帝紀に「大統九年,生於同州」とある。宇文泰の四男の武帝も543年に「同州」で生まれている。同じく宣帝紀に「武成元年,生於同州」とある。武帝の子の宣帝もまた559年に「同州」で生まれているのである。北周の宇文氏にとって同州とはなんだったのか。

 明帝紀の二年九月の条に「幸同州,過故宅,賦詩」とある。同州にどうやら北周宇文氏の「故宅」があったらしい。

 文帝紀下の魏廃帝三年春正月の条に「華州為同州」とあるから、正確には554年1月以前の同州は「華州」とするべきだろう。華州(=同州)は現在の陝西省大荔県にあたる地に州治を置いていた。西魏北周の都である長安からは東北東に130kmほどの距離がある。宇文泰は華州の刺史になったことはないが、西魏の大統年間に数度華州に駐屯した記事が文帝紀下に見える。華州は対東魏の前線を支える後詰めの軍事基地として重要な位置にあった。宇文泰はそのときに「故宅」を構え、妻たちを呼び、子を儲けたものであろうか。しかし宇文泰にとって、華州という土地にさしたるこだわりがあったようには思われない。

 武帝紀や宣帝紀には武帝や宣帝がたびたび同州に行幸している記事が見られる。宣帝紀の大象二年三月乙未の条に「改同州宮為天成宮」とあるから、北周の後期には同州に離宮まで建てていたらしい。同州へのこだわりは、同州を生地とした北周の諸帝たちが自然に抱いたものであろう。東方に対する示威や督戦の意味があったとしても、それは副次的なものに思われる。

 また同州を宇文泰や宇文護にとっての「霸府」と位置づけるような議論もあるが、より慎重でありたいと思う。

wenku.so.com

安大簡「楚史」の語る楚の先君

 安徽大学蔵戦国竹簡「楚史類」については、ここが分かりやすかったのでメモ。
https://kknews.cc/n/jlxenvl.html

 安大簡「楚史」が『史記』楚世家などの伝世文献などと大きく違っているのは6点。

1.老童(=巻章)は顓頊の子であって、称の子ではない。老童には四子があって、重・黎・呉・韋の4人。『史記』楚世家では重黎・呉回とふたりの兄弟にされている。
2.黎氏が祝融であって、重・呉・回はそうではない。
3.「陸終」という人はおらず、伝世文献は祝融(黎)を陸終と誤ったものである。
4.季連とは穴熊(穴酓)のことである。
5.附沮一代は存在しない。
6.穴熊が熊麗を生んでおり、世系の中断は存在しない。『史記』楚世家の鬻熊とは穴熊のことである。

吉備真備が書いた墓誌

 吉備真備遣唐使で入唐留学していたときに書いたとかいう李訓墓誌を起こしてみました。ネットに落ちてた画像を参考にしたので、字釈はだいぶ間違っているかもしれません。

大唐故鴻臚寺丞李君墓誌銘并序
公諱訓字恒出自隴西為天下著姓曾祖亮随太
子洗馬祖知順為右千牛事
文皇帝父元恭大理少卿兼吏部侍郎君少有異
操長而介立好學所以觀古能文不以曜世故士
友重之而時人不測也弱冠以輩脚調補陳留尉
來赴陳留而吏部君仁君至性自天柴毀骨立禮
非旺帛情豈苴麻惟是哀心感傷行路服闋歴左
率府録事參軍太子通事舍人衛尉主薄鴻臚寺
丞以有道之時當用人之代驥之方𩣁龍泉在割
豈不偉歟而天与其才不与其壽梁在廈而始𢬵
舟□流而邃□嗚呼子𥤱言命盖知之矣享年五
十有二開元廿二年六月廿日以疾終於河南聖
善寺之別院即以其月廿五日搉殯于洛陽感德
郷之原夫施以書□□以誄行乃勒石佐銘云
洪惟夫子灼灼其芳□之経世言而有章亦既來
任休聞烈光如何不□弃代云亡其引也盖嬪也
□紀乎□崗
  秘書丞褚思光文  日本國朝臣備書

 墓誌から読み取れること
◎李訓は字(あざな)は恒。隴西李氏と称しています。
◎曾祖父の李亮は隋の太子洗馬とされています。
◎祖父の李知順は右千牛(右千牛衛将軍?)として文皇帝(唐の太宗李世民)に仕えました。
◎父の李元恭は大理少卿兼吏部侍郎をつとめました。
◎李訓の初任は陳留県(現在の河南省開封市)の尉(武官)です。
◎父母の服喪で「骨立」つまで痩せ衰えて自身の身体を「毀」つのは、「礼(禮)」の規定する孝行のパターンでした。
◎李訓は左率府録事参軍・太子通事舎人・衛尉主薄・鴻臚寺丞を歴任。通事舎人は通訳、鴻臚寺丞は外交官なので、そういう方面の才能を持っていたのでしょう。
◎「天与其才不与其壽」(天はかれに才能を与えたが、寿命は与えなかった)。現代でも使えそうな美辞麗句です。
◎享年は五十二。開元二十二年六月二十日に河南(洛陽)聖善寺の別院で病没しました。ということは、西暦683年生まれで、734年の死去です。
◎同年六月二十五日、洛陽感徳郷で殯(もがり)がおこなわれました。
◎最後の行に見えるように、秘書丞の褚思光が墓誌の文を選び、日本国の朝臣の備が清書して、それをもとに墓誌が彫られたわけですね。ちなみに褚思光は張懐瓘「文字論」に名前が見える人物ですが、正史の両唐書には出てこないマイナー人物です。

 蛇足
◎中国ではこの墓誌はほぼ注目されていません。吉備真備遣唐使への興味も低いですし、誌主の李訓も中級の官僚でネームバリューがあまりありませんで。唐代の墓誌の出土数自体が半端ないもので、1992年に発刊された『唐代墓誌彙編』が3600件あまり、2001年に発刊された『唐代墓誌彙編続集』が1564件の唐代の墓誌を収録しています。21世紀になってからも、さらに出土は続いていて、歴史好きには井真成墓誌や祢軍墓誌の発見のニュースを覚えておられるかたもいるでしょう。そういう世界なので、日本の東洋史研究者がいなければ、もっと長いあいだ顧みられなかったかもしれません。

Wikipedia記事が初版より劣化する理由(再掲)

 悪意や荒らしが原因とはかぎりません。また質の悪い編集者が原因とも限りません。練達の編集者でも誤りを犯すことはあります。人間だもの。

 

 記事内部で使われている術語や表現が分かりにくいと思うのか、ごてごてと修飾を加えて簡潔さを損なったり、かえって誤読を誘うような表現に変えてしまったり、完全な誤りに変えてしまったりします。

 

 Wikipedia内の記事同士でのつじつま合わせをしようとして、かえって誤りを拡散するケースもあります。ほか色々ありますが、だいたいは原典にあたって査読していないのが、原因です。

 

 亭主はWikipedianとしてはスターター(=初版記事を書きたがる人)に属しているので、いろいろ恨み辛みがあるとかないとか。

睡虎地秦墓竹簡「編年記」と『史記』秦本紀

睡虎地秦墓竹簡「編年記」については、以前メモっておいたことがあるわけですが、
https://nagaichi.hatenablog.com/entry/20111212/p1
史記』秦本紀と合わせ読んでみようというだけの企画です。
1年ごとに西暦、秦簡「編年記」記事、『史記』秦本紀記事の順序で淡々と並べているだけなので、何が面白いの?とかは聞かないでください。

続きを読む

ブックマークカウンターをつけてみた。

 全くもって今さらなんですが、
 はてなダイアリーからはてなブログに移行するときに
「記事についたコメントや、はてなスターはてなブックマークを、すべてはてなブログに移行できます」
https://help.hatenablog.com/entry/import

みたいな説明がされていました。
 少なくともブックマークの移行についてはうまく行ってないよということを示すために、ブックマークカウンターを二つつけてみました。