秦の妃

 唐の徐堅『初学記』巻10儲宮部太子妃第四に
「周以天子之正嫡爲王后,秦稱皇帝因稱皇后,以太子之正嫡稱妃,漢因之」
(周は天子の正妻を王后とし、秦が皇帝を称すると、皇帝の正妻を皇后と称した。太子の正妻を妃と称し、漢はこれを継承した)
とある。宋の李昉『太平御覧』巻149皇親部十五太子妃条にも同じ文が見える。
 しかし、そもそも秦が皇帝を称した始皇帝と二世皇帝の代に確認できる太子は胡亥だけである。それも始皇三十七年七月丙寅に始皇帝が沙丘平台で死去した後に、遺詔の偽作によって胡亥が太子に立てられ、咸陽に帰って喪が発せられ、二世皇帝として即位するまでのあいだである(『史記』秦始皇本紀)。この短い期間に太子胡亥の正妻が妃として立てられていたのだろうか。
 ちなみに統一以前の秦には、襄公・竫公・寧公・武公・康公・夷公・昭子・恵文君・安国君(孝文王)など複数の太子が確認できる(『史記』秦本紀)。しかし「妃」は確認できない。安国君(孝文王)の太子時代の正妻は華陽夫人と呼ばれた(『史記呂不韋列伝)が、妃とは呼ばれていない。
 秦の後宮のことは謎のベールにつつまれているが、秦の儲宮のことはさらに謎が深いと言わざるをえない。


周鼎泗水伝説

 『春秋左氏伝』宣公三年に「楚子伐陸渾之戎,遂至于雒。觀兵于周疆。定王使王孫滿勞楚子。楚子問鼎之大小輕重焉」(楚の荘王が陸渾の戎を伐ち、雒にまでいたった。周の疆域で兵を観閲した。周の定王は王孫満を派遣して荘王を労わせた。荘王は周の鼎の大小軽重を王孫満に訊ねた)とある。紀元前606年のことで、「鼎の軽重を問う」の故事で今も知られるところである。洛邑(洛陽)に周の九鼎があることは当時よく知られていた。

 『史記』周本紀によると、周の武王が南宮括と史佚に命じて九鼎宝玉をうつさせたというから、もしこれを信じるなら前11世紀から周の九鼎はあったことになる。周の成王は武王の遺志を継いで召公奭に命じて洛邑を造営させた。周公旦は卜で占って、洛邑の造営を終えると、九鼎をここに安置した。定王元年条には、楚の荘王が洛に宿営し、使者を派遣して九鼎を問わせたことがみえる。威烈王二十三年条には、九鼎が震え、韓・魏・趙に命じて諸侯としたとある。晋の三分に先立って「九鼎震」を記録するのは、凶兆とみなされたからだろう。王赧四十二年条では、秦が華陽の約を破ったため、馬犯が九鼎と引き換えに梁王(魏の安釐王)の救援を求めている。梁王は応諾して兵を派遣して周を守らせたというから、九鼎は魏に移されたのだろうか。しかし九鼎は魏には移されなかったようだ。王赧五十九年条には、王赧が死去すると、秦が九鼎宝器を奪取したというのである。『史記』秦本紀昭襄王五十二年条に「周民東亡,其器九鼎入秦」とあり、九鼎の秦による奪取を裏付ける。

 『史記』秦始皇本紀始皇二十八年条には、「始皇還,過彭城,欲出周鼎泗水。使千人沒水求之,弗得」(始皇帝は巡幸の帰路に彭城を通過し、泗水から周鼎を出そうとした。千人を動員して水に潜らせてこれを求めたが、得ることはできなかった)とある。いつのまにか周鼎は泗水に沈んでいたことにされている。泗水は洛陽からみて東方にあり、洛陽から秦都咸陽に運ぶ途中に沈んだというような事情は考えられない。また洛陽から魏都大梁に運ぼうとして沈んだという事情も考えられない。泗水は大梁からもさらに東である。

 史記三家注のひとつ『史記正義』はこの矛盾を「秦昭王取九鼎,其一飛入泗水,餘八入於秦中」(秦の昭王が九鼎を取り、そのうちのひとつが飛んで泗水に入り、残りの八個は秦中に入った)と説明するが、洛陽と泗水の距離を考えれば飛んで入るのは荒唐無稽すぎる。周の滅亡のどさくさに周鼎のひとつを東方に避難させようとして泗水に沈んだとするなら、もう少し合理的な説明になるが、どこに避難させようとして泗水に沈んだのだろう。泗水の先に有力な諸侯はおらず、考えにくい。泗水は漢の高祖劉邦の初期の根拠地であった沛県を通っており、周鼎泗水伝説は漢の高祖の出自を潤色するために作られた話のひとつと考えるほうがまだしもだろう。

 『漢書』郊祀志上に望気者の新垣平の言葉として「周鼎亡在泗水中,今河決通於泗,臣望東北汾陰直有金寶氣,意周鼎其出乎」(周鼎は泗水の中に没しておりましたが、今は黄河が決壊して泗水と通じており、臣が望気したところ東北の汾陰県のそばに金宝の気があります。思うに周鼎がそこから出るということでしょう)とある。新垣平はのちに人を欺して玉杯を献上し、それが発覚して処刑された。詐欺師的人物の言葉であるにも関わらず、周鼎が汾陰県に移ったという話は信じられたようである。
 『漢書』吾丘寿王伝によると、汾陰県で宝鼎を得て漢の武帝に献上され、群臣が「陛下が周鼎を得た」と口々に賞賛するなか、吾丘寿王はひとり「周鼎ではない」と主張した。武帝が寿王の発言を聞き捨てならないものと追及すると、寿王は周の徳に応じて出たのが周鼎であって、漢の徳に応じて出たものであるから漢鼎であるといって丸め込んだ。
 周鼎泗水伝説がそもそも漢王朝の権威づけのために作られたものであるなら、汾陰県の宝鼎を漢鼎であると喝破した吾丘寿王は表面的に上手いことを言っただけに留まらないかもしれない。

中国の僧旻

 遠山美都男『新版大化改新』(中公新書)を読んでいたら、p.202に

「僧+某」という僧名は南北朝時代の中国に多く見られたものであった。仏教信仰に傾斜して王朝を滅ぼしたと言われる梁(南朝第三の王朝)の武帝に仕えた僧侶の僧旻は有名である。「国博士」僧旻の名は武帝の仏教信仰を支えた僧旻の名にあやかったのかも知れない。

という一節があった。
 あまりピンと来なかったので、調べたところ、『続高僧伝』巻五義解篇初に僧旻の伝記があった。俗姓は孫氏で、呉郡富春県の出身。孫権の子孫を称していたらしい。7歳で出家して虎丘西山寺に入り、13歳で建康の白馬寺に移り、16歳で荘厳寺の曇景に師事した。斉の竟陵王蕭子良や尚書令王倹とも交流があったらしい。荘厳寺の住持として南朝斉・梁の二朝でたびたび講論をおこなっていたようだ。所伝では「大通八年二月一日清旦,卒于寺房,春秋六十一」とあるが、梁の大通年間(527年~529年)は3年しかないのが味噌である。どうやら「普通八年」(527年)の誤字と解釈するのが通説らしく、僧旻の生没年は467年-527年としているものが多いようだ。『続高僧伝』に立伝される程度には有名だが、森三樹三郎『梁の武帝』には名が出てこない程度には有名でない人物といったところか。「武帝の仏教信仰を支えた」とまで言うほどの人物には思えない。

 ちなみに蛇足だが、『隋書』礼儀志四にみえる梁の大同七年(541年)の皇太子蕭綱の子の入学に対して意見した諸臣に「尚書臣僧旻」というのがいるが、これは『続高僧伝』の僧旻とは全く別人だろう。姓ははっきりしないが、王僧孺や王僧辯に近しい人物かもしれない。

白司馬坂の大像

『仏祖統紀』巻39「久視元年四月,詔斂天下僧尼日一錢,作大像於白司馬坂」
資治通鑑』巻207長安四年夏四月条「太后復稅天下僧尼,作大像於白司馬阪,令替官尚書武攸寧檢校,糜費巨億」
旧唐書』張廷珪伝「則天稅天下僧尼出錢,欲於白司馬坂營建大像。廷珪上疏諫」
旧唐書』李嶠伝「長安末,則天將建大像於白司馬坂,嶠上疏諫之」
旧唐書』蘇珦伝「時有詔白司馬坂營大像,糜費巨億,珦以妨農,上疏切諫,則天納焉」
 久視元年(700年)なのか長安四年(704年)なのか知れないが、武則天が僧尼から税金を取って白司馬坂に大像を作ろうとしたらしい。通鑑によれば、武攸寧を検校として巨億の費用をかけて建立される計画であった。張廷珪や李嶠や蘇珦らが諫めて中止されたものと思われる。
 白司馬坂がどこかといえば、『旧唐書』侯思止伝に「洛陽有坂號白司馬坂」といい、『資治通鑑』巻182胡注は「白司馬坂在邙山北,邙山在洛城北」といっている。洛陽の北の邙山の北にあったらしい。
 『新唐書』張廷珪伝によると、「神龍初,詔白司馬坂復營佛祠,廷珪方奉詔抵河北,道出其所,見營築勞亟,懷不能已,上書切爭」という。神龍初年、中宗により白司馬坂に再び仏祠を造営する命令が出され、張廷珪が上書して諫めたとされている。続きに「帝不省」というから、今度は造営中止されなかったと思われる。『白孔六帖』巻89に「白司馬坂復營佛祠,營寺塔廣殿長廊」とあって、寺塔・広殿・長廊の営建のことは見えるが、大像の記述が見えないので、大像は結局作られなかったのだろう。

「分配」はたぶん和製漢語じゃない

 漢語的には動詞的用法しかないことと、「分けて配る」だけではなく、「分けて配置する」「分けて派遣する」の意味も持っていることには注意が必要だが、古い漢籍に用例は多数あり、和製漢語と主張するのは苦しい。もちろん名詞的用法が古典には存在しなかったとか、意味がやや変わっているとか、近代経済学の用語としたのは日本だとか主張して、和製漢語と主張するのも考えられるが、正直見苦しいように思われる。
『晋書』陳敏伝「敏請合率運兵,公分配眾力,破之必矣」
『晋書』石季龍載記上「先是,大發百姓女二十已下十三已上三萬餘人,為三等之第以分配之」
『魏書』高祖紀上延興四年条「二月,詔西征吐谷渾兵在句律城初叛軍者斬,次分配柔玄、武川二鎮」
『魏書』孝静帝紀武定二年条「文襄王從獻武王討山胡,破之,俘獲一萬餘戶,分配諸州」
『隋書』天文志上「至天監六年,武帝以晝夜百刻,分配十二辰,辰得八刻,仍有餘分」
『隋書』司馬徳戡伝「後數日,化及署諸將,分配士卒」
旧唐書』敬宗紀宝暦二年条「中官李奉義、王惟直、成守貞各杖三十,分配諸陵」


曹触竜と左師触竜

 『荀子』臣道篇に「若曹觸龍之於紂者可謂國賊矣」という一節がある。金谷治訳注『荀子(上)』(岩波文庫)p.292の訳を引くと、「曹触竜が殷の紂王にとりいっ〔て亡国におとしいれ〕たのなどは国賊というべきである」とある。
 また『荀子』議兵篇に「微子開封於宋曹觸龍斷於軍」という一節がある。前掲書『荀子(上)』p.322を引くと、「微子啓は宋に封建されたが曹触竜は軍できり殺され」とある。
 殷の紂王の臣下に曹触竜という人物がいたとする伝説は、『荀子』をもとにしている。この曹触竜と混同される伝説的人物に左師触竜というのがいる。
 劉向『説苑』巻十に「其臣有左師觸龍者諂諛不止湯誅桀左師觸龍者身死四支不同」とある。訳をつけると、「夏の桀王の臣下に左師触竜という者がいて、阿諛追従のとどまることがなかった。殷の湯王が夏の桀王を殺すと、左師触竜は四肢ばらばらにされて死んだ」といったところか。ここまで曹触竜と左師触竜はエピソード的に類似しているが、その主君を殷の紂王とするか、夏の桀王とするかで異なっている。
 さて、左師触竜の初出は、じつは前漢末の『説苑』ではない。司馬遷史記』趙世家孝成王元年条に「左師觸龍言願見太后太后盛氣而胥之」という一節がある。小川環樹・今鷹真・福島吉彦訳『史記世家(中)』(岩波文庫)p.169の訳を引くと、「左師(上卿)の触竜が太后に目どおりしたいと申し出た。太后は怒気はげしく、しばらく待たせた」とある。ここでは左師触竜は紀元前3世紀の戦国趙の人物なのである。
 劉向『戦国策』趙策四の趙太后新用事章に「左師觸讋」が登場し、『史記』趙世家と類似した挿話を収録している以上、劉向は戦国趙に左師触竜という人物がいたことを知っていたはずである。それにもかかわらず、別著の『説苑』では左師触竜を夏殷革命のころの人物として加上した疑いがある。なお戦国時代の荀況の著作を整理して『荀子』にまとめたのも、前漢末の劉向なのである。曹触竜と左師触竜をめぐる後世の記述の混乱は、一義的に劉向に責任がある。しかも故意である疑いすら捨てきれない。

曹魏南部君墓誌

君諱陵,字子皐,天水冀人也。以漢建安八年春正月七日癸巳生,魏景初三年夏五月十二日丙申遭疾而卒,年卅有七,冬十有二月葬于此土。君之祖父,故上計掾,察茂才,四城令,張掖太守。伯父武陵□城太守。父舉孝廉賢良方正,察茂才,高平令,司空府闢舉茂才,槐里令,西海太守,議郎,諫議大夫。一從父舉孝廉,金吾丞…(三行半判読不能)…君在官,惠愛公平,吏民稱述。
南部君長女字金璧,以魏黃初七年秋九月二日生,至太和三年春三月遭厲氣夭折,年四歲,時在京師。
南部君第二女字悪藥,以魏太和二年冬十有一月廿六日生,至五年秋八月十九日遭疾夭折,亦年四歲,時在都尉官舍。
南部君第三女字君壽,以魏太和六年秋九月十七日生,至青龍二年秋七月十三日遭疾夭折,年三歲,時在都尉官舍。
https://www.sohu.com/a/273074296_200821

 2015年に洛陽で出土した三国時代墓誌だが、墓主の姓は不明。墓主の諱は陵、字は子皐。貫籍は天水郡冀県。祖父・伯父・父の官歴を記録しているが、その諱を記録していない。肝心の墓主当人の閲歴を記録した部分の欠損が激しく判読不能という残念な墓誌である。しかし幼くして夭逝した三人の娘の記録がしっかりしているのには、愛を感じる。
 封号の南部君だが、南部といえば、後漢三国の用法では郡の南部を指すことが多い。やや飛躍した連想でいえば、匈奴の南部五骨都侯との関係を考えるのも面白いか。
 天水冀人というと、『三国志』では楊阜と姜維が知られているが、六朝では尹氏もまた有力である。そのへんの伝世史料と結び付けて考えるのも限界があり、既知の歴史と未知の過去の境界を撫でるだけである。